聴講制度



音楽療法科 科目等履修生・聴講生

音楽療法を実践中で認定音楽療法士の資格取得のための準備をされている方、音楽療法を独学で勉強していたが専門的な知識を学びたいと考えている方などのために、科目等の履修制度を実施しています。

①聴講生・・・希望の科目を受講できます。単位の認定はありません。

②科目履修生・・・履修希望する科目について、各学期毎に実施する試験を受験・合格し、単位認定を受けることができます。
年度終了時に「単位修得証明書」を発行します。

受講資格

<聴 講 生> 入学する年度の初めにおいて満18歳以上である者

<科目等履修生> 入学する年度の初めにおいて満18歳以上であり、かつ次のいずれかに該当する者

①大学、短期大学を卒業した者及び卒業見込みの者

②修業年限が2年以上で課程の修了に必要な総授業時数が1700時間以上である専修学校の専門課程を修了した者及び修了見込みの者

③その他、本学が上記と同等以上の学力を有すると認めた者

(期 間)
在籍期間は1年間(4月1日から翌年3月31日まで)とする。継続して次年度の受講を希望する場合は、改めて「履修計画票」の提出が必要です。科目の履修期間は、1年又は半年となります。

(履修科目)

<聴 講 生>

本学が指定する科目から選択できます。「施設実習」は選択できません。

<科目等履修生>

本学が指定する科目から選択できます。

「施設実習」を希望する場合は、本学の科目等履修生として1年以上在籍し、実習に要する指定科目を受講された方のみとなります。実習担当指導者との事前面接により、受講の可否を決定させて戴きます。

(出 願)
下記、出願書類を期限までに提出して下さい。(ファックス送信、郵送又は直接持参)

出願〆切: 2024年3月22日(金)

(納入手続き)
下記期限までに受講料等を納付して下さい。(郵便振替又は直接納付)

納付〆切: 2024年4月5日(金)

(出願書類)
①履修申込票   本学指定の用紙に記入
②履修計画票   本学指定の用紙に記入
③写  真    2枚(1枚は履修申込票に貼付※)
※書類をFAX送信される場合は、後日、写真を郵送又は持参して下さい。

納付金

登録料20,000円
受講料 実技 主科【50分】192,000円
実技 副科【25分】96,000円
講義 1単位設定24,000円
講義 2単位設定48,000円

※単位認定料 1科目(単位数に関わらず) 5,000円


※一度納入いただいた納付金は返金いたしません。
※申込み時において60歳以上の方は、受講料(実習費は除く)が割引となります。

【納入手続き】
原則として納付金は、金額または半期分を指定期日までに「前納」となります。
本学指定口座への振込み、または事務局まで直接ご持参ください。
① みずほ銀行 水戸支店

②本学事務局での受付時間  (月~金)10:00~17:00(祝祭日を除く)

【その他】

・科目履修生は前期及び後期の試験を受験し、単位を取得することができる。

・学校行事及び各種講座への参加が可能である。ただし経費を必要とする場合は別途徴収する。

・学生証を発行する。


<2023年/令和5年度 開講科目>(参考)※開講科目・実施日時は毎年変更されます。

科目名単位開講日(担当者)講座概要
音楽療法概論2月曜日
9:40~11:15
太田 裕子
音楽療法の定義や理論、技法など音楽療法における全般の基礎知識
音楽療法各論2火曜日
10:30~12:05
髙橋多喜子
高齢者領域における音楽療法の理論など
音楽療法理論と技法2火曜日
13:00~14:35
髙橋多喜子
高齢者領域における音楽療法の理論など
◎音楽療法技法Ⅰ(歌唱・伴奏)1水曜日
13:50~14:35
馬立明美
各領域で使用する楽曲についての療法的歌唱伴奏法
◎音楽療法技法Ⅱ(即興演奏法)1水曜日
14:40~15:25
馬立明美
楽曲を場面に合わせて効果的に使用するための即興・実践的な演奏について
◎音楽療法技法Ⅲ(作編曲)1水曜日
15:30~16:15
馬立明美
各領域で使用する楽曲についての編曲・作曲法など
音楽心理学2音楽論理学の研究を学び、音楽の聴取、記憶や音楽と脳の関係などを学ぶ
保育士資格受験講座Ⅰ・Ⅱ2月曜日
14:40~15:25
富田 浩子
保育の本質、保育の歴史等(前期 Ⅰ 4月~9月)(後期 Ⅱ 10月~3月)
臨床医学各論 Ⅰ2対象者の身体理解のため、代表的な疾患についての基礎知識を学ぶ
臨床医学各論 Ⅱ2対象者の身体理解のため、代表的な疾患についての基礎知識を学ぶ
臨床心理学 Ⅰ2対象者の心を知り、理解するために、臨床心理学の基礎的な知識を学ぶ
カウンセリングの理論や技法、援助のために必要な知識を学び、現場での活用法を身につける
前期:4月~9月
臨床心理学 Ⅱ2対象者の心を知り、理解するために、臨床心理学の基礎的な知識を学ぶ
カウンセリングの理論や技法、援助のために必要な知識を学び、現場での活用法を身につける
後期:10月~2月
発達心理学2月曜日
9:40~11:15
寺川亜弥子
乳幼期~青年期の発達の特徴、発達に関する課題など

※やむを得ずプログラムの内容は変更になる場合もありますので、申し込み時にご確認ください。

◎印のついている講座は演奏実技を伴う科目です。
(日程については、お問い合わせ下さい)

PAGE TOP